2008年12月21日

tabi0018 林成之「<勝負脳>の鍛え方」

ぜひ銘記していただきたいのは、人間の記憶はすべて、短期記憶中枢である海馬回でおこなわれているということです。記憶とは、そもそも短時間で消える仕組みになっているのです。私たちは常日頃、一次的な記憶そのものではなく、脳内で再構成されたイメージ記憶でものを考えたり運動したりしているのです。覚えたことをすぐ忘れてしまう、あるいは自分は勘違いが多い、悩んでいる方は多いと思いますが、悩む必要はまったくありません。記憶とは、そういうものなのです。P34
林成之「<勝負脳>の鍛え方」(講談社現代新書 2006)

tabi0018.jpg

新書だからかな。科学的態度が不足してる。引用を示す等をして反証材料を用意しておくなどね。自分で考えを創っていく態度には共感しました。

■ 参考リンク
情報考学 Passion For The Future
asahi.com

posted by アントレ at 19:41| Comment(3) | tabi☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このような自動的にスーパーコピーロレックス時計は1種の振り子陀を持って、以前は腕時計の上で一度も使ったことがなくて、それは時計業に1度の革命を持ってきて、それは現在所有する自動の時計の先駆者です。1945年、ロレックスはまた期日を持つ時計を生産して、および26種類の言語の表示の期日と週の時計を使うことができます。
Posted by スーパーコピールイヴィトン at 2013年11月08日 16:49
ウブロコピー時計シリーズの中で近代的な思う設計図を高く備えて、前者はもっぱら張のアラビア数字の目盛りがあって、しかも殻の外側のコースを表す上にダイヤモンドを象眼しました:後者は更に派手な息を現して、真珠のバイモが時計の文字盤の材料にすることを選ぶだけではなくて、その上真珠や宝石の職人はプラチナの金表光と表などの部分でいっぱい埋め込みして2004年世間に現れる時計コピーをあけます。
20世紀の40で、代毎時の時計を放送するのは設計の原本で、酋長はしかも回エナメルの材質に時計の文字盤を飾るように選択して使用して、40あるのはメートルの直径の時計をひそめるその中の代表で、両者はすべて通し番号時計コピーな自動のチップを採択しました。
Posted by 時計コピー at 2013年11月09日 11:31
まるで彼女は彼女の父の妻を投げる捨て子が正しいとと感じて、しかも方法を講じて彼女の責任逃れをすることを1つの若い気迫がある挙動に描写します。彼女のこのルイヴィトンコピーのバージョンの昔の事の中で、美しいなんじは彼女を1人のずっと若い男に捏造しました――まだ30歳になりません。――およびひとつただ2人の娘の父、ひとつすぐにも40歳がしかも5人の子供と亡くなる妻の男に投げて下きたのではありません。彼女は新しい生活を創造して、彼女は、私はこの事を理解しますと黒いデリーの望むことに対して言います。
Posted by ルイヴィトンコピー at 2013年11月20日 18:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。