2009年01月26日

tabi0057 吉田たかよし「「脳力」をのばす!快適睡眠術」

残念ながら、万人に当てはまる理想的な睡眠時間は存在しないというのが医学研究の結論です。(中略)一人ひとりにとって理想的な睡眠時間を平均すると、7時間30分程度になるのは事実です。しかし、だからといって、あなたが7時間30分の睡眠をとればそれでよいというわけではありません。(中略)睡眠の一サイクルが90分だというのは、あくまで平均です。実際には個人差があり、短い人だと80分、長い人だと110分ということもあります。P131,147
吉田たかよし「「脳力」をのばす!快適睡眠術」(PHP新書 2006)


起床時に「起床時間」と「就寝時間」を記し、就寝前に日中の気分、日中の精神的肉体的活動。日中の眠気を1-5点でチェックする。これを2週間続ければ、"あなた"の睡眠サイクルと適切な睡眠時間が分かるだろう。平均の罠にとらわれてはいけない。2週間の記録結果から何をどのように解釈し、その後にどうすれば良いのかは次の機会に話したい。(画像には全くデザイン要素を入れてないので、改良プラン希望。行動科学な考えも付け加えたい。)

tabi0057.jpg

以前サーカディアンリズムを取り戻す上で、光刺激起床法が良いことを書いた。それは、視交叉上核をはじめとした体内時計を調整するためである。

■ 参考リンク
日本時間生物学会
深田研究室 東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻
柴田研究室 早稲田大学先進理工学研究科電気・情報生命工学科
岩崎研究室 早稲田大学理工学術院 電気・情報生命工学科



■ tabi後記
一日生きることは、一歩進むことでありたい。【湯川秀樹】
posted by アントレ at 22:58| Comment(3) | tabi☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
270時間起きつづけた人類史に残る記録があるらしい。

彼は、情緒とかがおかしくなったんだけど、
その後14時間寝たら全く正常に戻ったとか。
平均すると一日1時間睡眠って感じかなw
Posted by 遼遠 at 2009年01月27日 11:08
本書でも言及されている事例だね。

紹介:
1965年、米国のランディ・ガートナー(男子高校生)が樹立した264時間12分(約11日)が世界記録。この間、抑うつ、イライラ、幻覚妄想など様々な精神症状が出現しましたが、記録達成後14時間45分の睡眠ののち、全て正常に回復したと言われています。

「なぜ14時間睡眠で正常に戻ったか?」というと、マイクロスリープを行っていたからだと考えられています。(瞬間的な寝落ちってやつだね。)

注 マイクロスリープとは
http://allabout.co.jp/gs/goodsleep/closeup/CU20071123A/

李さんが教えてくれた「片目睡眠」は結構良いよ^^
Posted by 内田洋平 at 2009年01月27日 15:21
吉田たかよし氏最新刊「脳が喜ぶ!ホメ上手!」発売です

HP上に立ち読みコーナー開設しました
ぜひ立ち読みください!
ブリックス株式会社

http://www.j-brix.co.jp/publication/
Posted by ブリックス株式会社 at 2011年11月22日 17:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。