2009年05月20日

tabi0169 西垣通「続 基礎情報学」

基礎情報学ではAPS(オートポイティック・システム)ではなく、「階層的自律コミュニケーション・システム」という用語を用いる。また、簡単化のためこれを「HACS」と略記する。HACSはヴァレラの提唱した自律システムの概念を踏まえた閉鎖系であり、APSと比較したとき、三つの特徴をもっている。
第一は、単独のシステムではなく、われわれヒトの心的システムと構造的カップリングした「複合システム」であるということだ。この心的システムこそが、対象システムを内側から観察し記述する存在、つまり「内部的な観察者」なのである。
(中略)
第二の特徴は、その名が示すように、階層性をもつということである。(中略)APSの内部にさらにAPSが包含されていることはありえず、たとえば心的システムと社会システムは相互浸透という対等の関係にあると考えられている。(中略)HACSの階層性は物理空間内の包含性ではなく、位相空間内の拘束/制約関係であることに留意しなくてはならない。すなわち下位のHACSは上位のHACSの直接の構成素になるのではなく、ただ上位のHACSに対しその構成素産出のための素材を提供するのみなのでらう。
(中略)
HACSの第三の特徴はその構成素が「コミュニケーション」であることだ。細胞やタンパク質などの物質が構成素になることはない。(中略)すなわち構成素はあくまでもコミュニケーションという一過性の「出来事」であり物質ではないのである。P31-33
西垣通「続 基礎情報学」(NHK出版 2008)


前著でも言及されていた「HACS」(階層的自律コミュニケーション・システム)をDID(ダイアローグ・イン・ザ・ダーク)と触覚的自我ワークショップの体験から感じてみたい。

最近、木曜18時から早稲田で行われている安斎利洋ゼミにダイバーしている(潜り)。「デジタルメディアゼミ」という名がついてるが、実際はクリエイター養成私塾という様相です。

安斎さんが全身全霊を込めて?ワークショップを展開されているので、こちらが表現の火種をとらえて、勝手に創作したるというのが良きスタンスなのでしょう。

さて。先週のゼミではアイマスクをしながら自画像創作を行いました。自画像を自我像と解釈するらば、顔を描く必要はない。

このワークショップの目的は「触覚的自我」を体験するというものである。「触覚的自我とは何か?」という問いが立ちあがってくると思うが、私自身も明確な意味を抱けていない。

そこで、先日参加したDID(ダイアローグ・イン・ザ・ダーク)の体験報告から「触覚的自我らしさ」を感じてもらえればと思う。DIDは「光」という我々の日常生活を支える要素を引き算した環境を提供する。

この環境から学べることは、

・視覚を相対化し、四感が際立つということ」
・匿光(誰からも見られない世界)に快感を見いだせること
・見える/見られるということが不快なことでもあると認知すること

であろう。

鳥も石も木も水も他人も匂いや音や服の手触りによって識別できること、クラヤミ下でも安心感/雰囲気を醸し出すことが可能であることが理解できる。

私はこのことから見える/見えない軸での世界解釈から、聞こえる/聞こえない軸へ、そして触れる/触れられない軸へと感覚の度合いが移行していった。

目、耳、手という認知器官の移動だけでなく、それによってコミュニケーションを発動していたことを内省していくのだ。いきなりだが、ゼミでの制作過程を公開する。

32276296_3527290160.jpg
手のほうが紙を切断しやすいという原初的発見
32276296_4010510981.jpg
とはいえ折れ線が決めればハサミが便利

結果、私の作品。

IMG_0194.JPG

IMG_0195.JPG

IMG_0197.JPG

IMG_0198.JPG

IMG_0200.JPG


私は、この作品を観てしまった人からの問いが欲しい。

・左にあるのはメガネですか?
・KとYは何を意味するのですか?
・右下にあるめくれているものは何か?
・右下にあるのは本ですか?
・その裏にあるのは何ですか?
・左上のメガネの淵はどうしてはみ出しているの?
・なぜ画用紙は半分におられているのか?
・どうして3面になってるのか?
etc・・

全てに意図が宿っています。ただ2パーツ以外は無計画でした。

あるアイデアがあるアイデアを生み、あるアイデアが先のアイデアと繋がっていくプロセスに楽しみを見いだしながら創作が終了する。一番感動をしたのは、創作後に自らの作品をみた時だった。

感動を呼び寄せたもの、それは「大きさ」でした。尺度にしていた「自分の手の大きさ」に驚きをもたらされたのだ。目を尺度にしてあらわれる大きさ、手を尺度によって切り取る世界の大きさの差異に遭遇してしまったのです。

■参考リンク
今週の本棚:松原隆一郎
第千六十三夜【1063】
www.さとなお.com(さなメモ): ダイアログ・イン・ザ・ダーク
MindsetWEB:ダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきた!



■tabi後記
この時間まで起きてるのはまずいなあ。夕食前に60分ほど仮眠をとってしまったのが祟っている。
posted by アントレ at 23:35| Comment(0) | tabi☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。