2009年07月08日

tabi0218 池谷裕二/糸井重里「海馬」

絶妙なバランスのうえに成り立つ生活
外界にアンテナを巡らせることは、つながりの発見には必須だ。情報入力のためのアンテナ、これを認識力と言い換えてもよいだろう。入力なくして出力はありえない。そして次に問われることは、認知された情報に、いかに新規な視点を付加するか。言うまでもなく、この過程こそが全行程の律速だ。と同時に、個性顕示の場でもある。P312
池谷裕二/糸井重里「海馬」(新潮社 2005)


インプットを惜しまず、かといってインプットしすぎない。アウトプットを大切にしながらも、根底への思索をないがしろにしない。頑固になることが大切であるが、柔軟性も大切である。このような態度は矛盾である。

だが海馬は、それを好しとする。むしろ安易な統合を好しとしてない。相矛盾する考え、統合と同時にあらわれる対立概念/別概念。これらを並列に飼いならすことを指南しているのかもしれない。

並列に飼いならすことに辟易せず、拍子抜けすることもなく、ただ自らが行なっていることが「そうであるか?」と反省的にいられるかどうかが試されている。「脳」にだまされず、「脳」をだましていきたいと思う。

■参考リンク
ねむりと記憶。
海馬 脳を困らせる旅に出る?


Powered by POPit


■tabi後記
久々に多摩市に足をはこぶことになりました。戸籍謄本を本籍地まで取りにいかなくてはいけないことに驚きをおぼえた次第です。確定申告はネットでできるのに、戸籍謄本を共有するシステムはないようです。
posted by アントレ at 18:31| Comment(0) | tabi☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。