2009年12月12日

tabi0324 福岡伸一「世界は分けてもわからない」

個人という幻想、一貫という妄想
私たちヒトは全身の細胞をすべて数えるとおよそ六十兆個からなっているといわれています。しかし、ヒトひとりの消化管内に巣くっている腸内細菌の数はなんと百二十兆〜百八十兆個にも達していると推定されるのです。つまり私たちは自分自身の三倍もの生命と共生しているわけです。その活動量たるや尋常なものではありません。

私たちの大便は、だから単に消化しきれなかった食物の残りかすではないのです。大便の大半は腸内細菌の死骸と彼らが巣くっていた消化管上皮細胞の剥落物、そして私たちが自身の身体の分解産物の混合体です。ですから消化管を微視的に見ると、どこからが自分の身体でどこからが微生物なのか実は判然としません。ものすごく大量の分子がものすごい速度で刻一刻、交換されているその界面の境界は、実は曖昧なもの、きわめて動的なものなのです。P82-83
福岡伸一「世界は分けてもわからない」 (講談社 2009)


鈴木健「Divicracy: Dividual Democracy 〜近代個人民主主義から分人民主主義へ〜 」Ustream(45:00から)で拝見した。

プレゼンの中では、分離脳やリベットやジョン・C・リリーのイルカ/鯨の話を用いて「Dividual」という概念を補強されている。「胃」による投票を行うという発想は、そういった背景による。本書の動的平衡も、分人民主主義というものを支える思想になるだろう。

彼女の視線は私におそらく赤い光の粒子を投げかける。彼女の視線に気がつかない私の眼に、ごくわずかな光の粒子が入ってくる。斜めの方向から私の網膜の周縁部に。視細胞はその粒子を鋭敏に検出し、信号はすばやく視神経を伝わって脳に注意喚起をもたらす。私はおもむろに顔を上げて光の方向を見る。彼女の視線はまっすぐにこちらを貫いている。ほんの一瞬、眼と眼が合う。彼女ははっとしてその美しい髪を揺らしながら視線をはずす・・・。P34
福岡伸一「世界は分けてもわからない」 (講談社 2009)


■参考リンク
読書の記録
All About ...+Me
活かす読書



■tabi後記
今見ている視野の一歩外の世界は、視野内部の世界と均一に連続している保証はどこにもない。

posted by アントレ at 17:10| Comment(0) | tabi☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。