2010年02月25日

tabi0341 ハワード・ジン「学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史」

負の伝統を鮮やかに暴き出すことにより、英断は下されていく
もしも政府を<改変もしくは廃止>することが国民の権利だとしたら、当然政府を批判することも、国民の権利にふくまれるだろう。

また、昔からの国民的英雄の過ちを指摘しても、若い読者を失望させることにはならない、ともわたしは考える。英雄だと教えられてきた人物のなかにも、尊敬に値しない者がいるのだという真実を語るべきなのだ。P8
ハワード・ジン「学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史」(あすなろ書房 2009)

本書は1492年のコロンブスのアメリカ発見から2006年のブッシュ大統領の時代までの裏アメリカ史である。アメリカに憧れている人々はもとより「アメリカ人」自身が衝撃を受ける内容であった。しかしそれは、まさしくもう一つのアメリカの顔であり、強者からだけ見ていては歴史の真実は分からないことを私たちに教えてくれる。

コロンブスのアメリカ大陸到達は、先住民族(インディアン)の虐殺と、白人による領土拡大の始まりであり、それに伴う労働力の不足を補うためにアフリカから黒人を奴隷として連れてきたことが、その後アメリカ社会をゆがめ蝕み続ける人種差別問題の発端となった。

また、アメリカ独立宣言は人間の平等と生命、自由、幸福の追求の権利を謳い、民主主義の勝利宣言だと考えられているが、実は少数の富裕層の既得権益を守る宣言であり、先住民、黒人、女性は守るべき対象とされていなかった。

アメリカ史の実態は国内的にはインディアン迫害と奴隷制と身分差別を機軸とする暗黒、対外的には覇権国家として侵略という暗黒の歴史の連続だったのだ。

著者のハワード・ジンは世間的に人気があるから、個人的に溺愛しているからアメリカを研究対象と選んだのだろうか?いや、そうではない。むしろその対象を批判的に再検討すれば自分自身の思考を深めることができる。そのような確信があるからこそ、その対象を選び取ったのだった。

そして、負の伝統を鮮やかに暴くことによって後世の人々に適切な知識を与え、それを基にした判断力を養ってもらいたい。この2つの思いが、彼の研究生活を支えてるのだろうと思うような内容であった。

■参考リンク
"westory" - 書評 - 学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史
弱者が見たアメリカの本当の歴史書評





■tabi後記
今年中にアメリカを経験してこようと思います。
posted by アントレ at 20:49| Comment(0) | tabi☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。